電気とわが家のブログ

【体験レポ】スマートメーターは便利。立ち会いなしで通電・アンペア変更が5分でできた

更新日:

 

この記事では

わたし自身が、スマートメーターってとても便利!と思ったエピソードを2つ語ります。

節約ママ
ただの日記です🎵

 

2018年2月下旬に賃貸マンション(神奈川県)から中古戸建て(千葉県)のマイホームへ引っ越しました。

※関東在住のため、東京電力エリアです。

【エピソード①】スマートメーターで即、通電

突然停電、ピンチ!

2018年1月中旬の平日
マイホームリフォームの打ち合わせを、建設会社の方と現地(千葉県)で行いました。

そのときのお話しです。

停電は突然に…

打ち合わせ中、急に照明が消えました。ブレーカーを上げても、電気が戻りません。

スマートフォンで停電エリア情報を確認するも、該当していません。

 

東京電力へ電話して住所や名前、事情を説明しました。

すると、「本日を(家の)売り主様が電気の使用停止日に指定している」と分かりました。

リフォーム打ち合わせ日が、売主から私たちへ家の引渡し日でもあったのです。

節約ママ
ビックリした~

売主さんからしたら、引渡し日に電気を解約するのは当然ですね。

ポイント

売主さんは、電気を使わなくても空き家が売れるまで基本料金を負担していました。

Looopでんきは基本料金0円です。
空家や別荘をおもちの方は基本料金がないのは嬉しいですね。

 

電動シャッターが降ろせない

打ち合わせ終了後…

マイホームの電動シャッターを手動で降ろして帰宅しようとしました。

しかし、空き家のため脚立や足場になる椅子がない。

通電させて、電動シャッターを降ろすしかありません。

もう1度、東京電力へ今度は電気契約をするため電話しました。

スマートメーターの番号を教えてください。こちらで通電の処理をします。30分以内に通電します。
節約ママ
○×△□…今日は通電だけお願いします。アンペアは後日上げます。
それでは10アンペアのご契約のままで承ります~

立会なしで契約・通電すぐできる!

スマートメーターは通電・アンペア変更が簡単

わが家になるマイホームは築15年の中古戸建ですが、
ラッキーなことにスマートメーター設置済みでした。

立ち会いなし、電話を切って3分で通電しました。(^-^)

スマートメーターは通信機能があるため、契約・通電がスムースでした。

※もしも通電しない場合は、エラーとして東京電力側に表示されます。その場合、作業員の方が現地に来てから作業します。

 

無事、電動シャッターを下ろせました。

マイホーム(千葉県)と現住居(神奈川県)が電車で2時間半の距離なので、電気の契約・通電が簡単に終わって良かったです。

 

帰宅ラッシュに巻き込まれずに、息子と帰ることができました。

節約ママ
スマートメーターってとても便利!

 

【エピソード②】床暖房が動かない、数分でアンペア変更できた!

マイホームを買うときの契約書に
「引渡し日から1週間以内に設備の不備があるなら申し出ること」の記載。

設備の確認に神奈川県から家族3人で現地(千葉県)へ行きました。

アンペアが足りない…

床暖房が動くか確認しようと、スイッチを入れてもすぐ消える…。

マイホームは空き家だったので、売り主さんが契約を10アンペアに下げていたからです。

10アンペアじゃ無理ですよね。

仕方ない、アンペア上げよう。

できればリフォーム直前にアンペア上げたかった。電気は基本料金が日割りになるからです。←ケチ

〇〇様ですね。何アンペアにしましょうか?
節約ママ
よ、40アンペアでお願いいたします…。

数分でアンペアが変更された!

床暖房のイメージ

電話を切って5分ほどして、床暖房のスイッチを入れる。切れない‼

アンペアはすぐに変更できました。

床暖房は無事に動き、じんわり足元が暖かくなってきました。

※もしもアンペアが変更できない場合は、エラーとして東京電力側に表示されます。その場合、作業員の方が現地に来てから作業します。

 

ぽかぽか床暖房の上でゴロゴロしながら、

スマートメーターってとても便利だなぁ~と感動しました。

 

▽スマートメーターのメリット・デメリットをまとめた記事はこちら

 

-電気とわが家のブログ

Copyright© 電気代を簡単に節約しました , 2018 All Rights Reserved.