電力自由化

新電力(Looopでんき・ループでんき)の会社が倒産してしまったら、電気はどうなるの?

更新日:

ママ友
新電力が倒産してしまったら、電気が使えない?停電する?
節約ママ
ううん。使えるよ。

こちらの記事では、もしも新電力が倒産してしまったら電気はどうなるのかを説明します。

結論を言うと


契約中の新電力の会社が倒産したら、地域の電力会社が代わりに電力を供給します。

 

新電力は国の登録制

新電力というのは、東京電力や関西電力といった地域の電力会社(大手電力会社)以外の電力会社のことを指します。
2016年4月からの電力自由化にともなって、「電気の小売」事業に参加する新電力を正式には小売電気事業者と呼びます。
Looopでんきもこの小売電気事業者に含まれます。

節約ママ
小売(こうり)というのは、業者から品物を仕入れて消費者に売ること

ママ友
つまり、電気を大手電力会社から仕入れて、消費者に供給するのね

新電力の中には、「発電」だけ行う会社もあれば、「発電」も「電気の小売」も行うところ、「電気の小売」だけを行う会社など数パターンがあります。

 

Looopでんきを含めた新電力たちは、電気の小売りを開始するために国(経済産業庁省)への登録が必要です。
登録申請には「契約者へ必要なだけの電力を確保・調達できるか」「きちんと事業計画が立てられているか」などの厳しい審査があります。

そうした厳しい審査をクリアした新電力が、登録小売電気事業者と認められて国のリストに掲載されます。
公式サイト→経済産業省エネルギー庁 登録小売電気事業者一覧

もちろんLooopでんきも、厳しい審査をクリアしてリストに掲載されています。

 

新電力が倒産しても電力は供給される

 

もしも、契約していた新電力が倒産した場合、その地域の電力会社が代わって電力供給することが国から義務づけられています。
関東エリアなら東京電力、九州エリアなら九州電力が電気を供給します。

 

倒産したら、違う電力会社と再契約

新電力が撤退・倒産しても、他の電力会社や従来の地域の電力会社と再契約すれば大丈夫。

撤退・倒産する場合、事前に事業者はそのことを消費者に周知しなくてはなりません。※最低でも15日前までに通知を出す

事業者から通知を受け取ったら

  • 以前の地域の電力会社と再契約する または
  • 別の電力会社を探して契約する

 

まとめ│契約中の新電力の会社が倒産したら、地域の電力会社が代わりに電力を供給します

契約中の新電力の会社が倒産したら、地域の電力会社が代わりに電力を供給することが分かりました。

ママ友
万が一のときでも、地域の電力会社のバックアップがあるのね!
節約ママ
もしも、事業者から通知が来たら忘れずに手続きだね

 

 

 

 

-電力自由化
-

Copyright© 電気代を簡単に節約しました , 2018 All Rights Reserved.